20140101

あけましたので、ドラッグオンドラグーン3を全力で支持してみる。

ごぶさたしております。僕です。

しばらく「Twitterで意味分からないことをぶつぶつつぶやくただの人」をやっておりましたが、
やっぱりまとまった文章を書こうと思うと、ツールとしてはブログが便利ですね。

 ところで、「あけましておめでとうございます」って何がめでたいんですかね。
ただ12月31日が1月1日になっただけなんだけど。
そんなこと言い出したら2月13日だって8月30日だって11月19日だって
あけましておめでとうじゃないですか! 祝ってやればいいじゃないですか。
しかも別に俺のせいで年が明けたわけではないので、俺におめでとうって言われても
「はぁ、まぁ」みたいな15点くらいのリアクションしか返せないし。
何がめでたいのか、うまいこと誰か説明してくれませんかね。



今年は全然ゲームを遊べてなくてですねー、せいぜい討鬼伝で鍛冶屋に通いながら
「たたら様〜。抱いて〜」と熊体型のオッサンに向かって求愛ダンスを踊ってた程度で、
そんなことを事細かにブログに書いても濃厚なゲイ日記にしかならないので
Twitterで交尾活動をちくちくと報告するセルフジョイにとどめていたのですが、
2013年も押し迫った12月19日! ついに発売されましたねDoD3

『ドラッグ オン ドラグーン3』発売記念! 柴Pが都内の店舗をまわる企画が実施中!:ファミ通.com
絶望を欲しながら,希望にすがる。赤目の信者待望のシリーズ最新作「ドラッグ オン ドラグーン3」をレビュー:4Gamers

まぁ様式美というべきか、さっそく賛否両論(かなり否寄りの)を巻き起こしておりますが、
私めもさっそく発売日に即購入&ちょうど一週間でクリアいたしました!いたしましたとも!
まさかいつもフラゲしてる店がクリスマス商戦前に閉店してるとは……。圧力?圧力なの?

それでですねー、まぁひと通りの満足度は得られたわけですけども、
はっきり言ってヒドイ出来ですよね!? DOD3!!
いきなり赤目の信者らしからぬ爆弾発言で申し訳ありませんが、
いくらなんでもヒドイと思うのです。なんですかあのカメラワークは。ふざけてるの?
「3Dでサードパーソンのアクションやると壁際でカメラがガタつく」という
3D黎明期、ニンテンドー64の頃(およそ17年前)から常に議題に上り続けてきた問題に対する
本作の答えは「どうしようもないから、あきらめよう」ですよ! なめてんのか。
壁に囲まれた場所で戦う機会が多い上に、特に巨大ターゲットはやたら突進してきては
壁にめり込むというヤンチャなAIで動くので必然的に戦闘は壁際で行うことが多くなり、
そのカメラの振り回され具合は巨大なミキサーの中で寝返りを打つが如く。

さらに本作は、従来の「だだっ広い戦場を走り回って群がる敵をバサバサ倒す」という
いわゆる無双系アクションから決別し、一本道のマップを敵を倒しながら進むという
オーソドックスなアクションゲームに方向転換!
それはいいとして一画面に描写する敵兵はかなり減ったはずなのに
このとんでもない処理落ちはなんなんですか。
今どき本家無双ですら処理落ちはほぼ皆無なのに、これほんとに2013年末のゲームなんですか。
PSPでゲーム作ってんじゃないんですよ!

他にも「強制インストールが終わるまで遊べない」「なのにゲーム中のロード時間が異常に長い」
「ゲーム進行に支障をきたすバグ搭載」と、クソゲーが備える条件をことごとくクリア、
当然ながら各レビューサイトでは辛辣な評価を叩きこまれ中古屋にもソフトが増え始めた今日このごろ。
ヨコオ信者ではあるものの、スクエニは死ぬほど嫌いなのでザマァ味噌漬けですが、
ちょっと待って! それは本当に本作を語る上で正しい評価なのでしょうか?
だって本作は「ドラッグオンドラグーン」ですよ?
もっさりゲーと揶揄されながらもそのあんまりなシナリオに魅せられた中毒患者を多数出し、
「もっさりしてないDoDなんかDoDじゃない」とのうわ言が飛び出すなどの症状で猛威を振るった、
あのDoDのナンバリング新作ですよ?
むしろこれは「出来が悪くて当然」と解釈したほうが自然ではないでしょうか?
何を言ってるかわからないですか? 落ち着いてください、僕もよくわかりません。
でも待って! 今からちゃんと説明するから!

だって仮にも本作を担当したのは「DoD」や「ニーア」を制作し今は解散した元Caviaのメンバー。
ヨコオタロウと共に本シリーズに常に関わり続けてきたプロ集団なわけです。
まぁ本作を出しちゃったことで「アクセスゲームズはアクションゲーム作るの得意ですよ!」という
過去のタワゴトが非常に愉快なものになってしまいましたが、
もしこの出来の悪さが演出のひとつだとしたら?
常識的に考えて、出来は悪いなりに過去作をずっと担当し続けてきた猛者達が
全力で捻り出した作品がDoD3みたいなクソミソなゲームになると思いますか?
今回はそれなりに期待されて発売前からガンガン告知打ったりいろんな企画組んだり、
しかもテーマソングを有名人が歌ってたり、声優陣がめちゃくちゃに豪華だったり、
明らかにニーアより予算が出てるであろうことが想像できる本作ですよ!
それが3年前に同じスタッフが作ったゲームより非常に残念な内容だなんて、
そんなことがありますか!? ありませんよ!!!!
つまり上記のことから導き出される結論はひとつ。つまりあの出来の悪さは「演出」だということ。
DoDというゲームを演出するためにあえてあんなバケツいっぱいの糞みたいな出来になっているのです。
本作は「もっさりしてないDoDなんかDoDじゃない」という信者のうめきに対する答えを、
「あえてクソゲーを作る」という斬新すぎる手法で見事に出してみせたのです。

もっと言うなら本作は「そのへんの普通のゲーム」ではありません。
本作は何を隠そう「ドラッグオンドラグーン」なのです。
ジャンル:ドラッグオンドラグーンであり、
限りなくゲームに近いけど確実にゲームじゃないナニカであり、
すなわちドラッグオンドラグーンなのです。本作はゲームとして見れば
「糞カメラ処理落ち地獄ウンコロード下ネタゴミカスゲロゲーム」かもしれませんが、
その評価はすなわちフライパンを買ってきて「鍋料理に使えないから☆1つです」と
アホ丸出しのレビューをAmazonに投下するのに等しい行為であり、末代までの恥。
そうなのです。本作はゲームではなく、ドラッグオンドラグーンなのです。
ゲームではなくドラッグオンドラグーンなので、いかにカメラが糞でも処理落ちが糞でも、
そもそもずっと同じこと繰り返してて単調とかかろうじて1で良かった空中戦が台無しとか
ストーリーが意味分かんないとかいくらなんでも下ネタが鼻につきすぎとか
そういったことは評価を下げる要因にはならないのです。
本作はゲームとしてはクソかもしれません。
しかし、ドラッグオンドラグーンとしてはかなり高得点を叩き出しています。
この言うこと聞かないゲロな操作性をねじ伏せて、なんとか使える攻撃だけを繰り返して
チマチマ敵のHPを削る作業感! コントローラー投げつけたい衝動を抑えて
単調な使い回しミッションをDエンドのためにひとつひとつクリアする高揚感!
武器の成長が楽になったとおもいきや結局途方もない金額が必要でひたすら砂漠の給料日稼ぎで
一日を費やす没入感! そして帰ってきた新宿リズム地獄にリアル時間で10時間費やし
発狂寸前まで追い詰められるこの絶望! これが俺たちの望んだDoDよォ!!!!



実際問題、旧作のオマージュをふんだんに盛り込んでファンに媚び、
オーソドックスさを全面に出して遊びやすく調整した上で、
ラストバトルでDoD以来久しぶりにプレイヤーを絶望の縁に叩きこむその姿勢こそ、
DoDの真骨頂だと思ったりもします。各所のレビューをだらだら見ながら、
DoD1というトンデモゲーの血を引く本作を未だに
「スクエニの新作だから」と買っちゃった挙句、下ネタオンパレードなストーリーやら
音ゲークリアできないやらで失望してるパンピープレイヤーの情弱ぶりに愕然としつつ、
この絶望を味わえたお前はむしろ幸せだよとかも。
むしろあのDoD1の純粋な絶望に比べたらDoD3なんか全然救いがある方だからね!
最後なんか小奇麗に終わりやがって! まぁあのあとDoD1の世界に続くわけですが。
あとビックリしたのが「主人公の女の子が『オラァ!』みたいな声を出しながら戦うのが嫌」って意見。
ゼロなんかカイネに比べたら優しすぎて女神だろ……。ビッチだけど。
そもそもヨコオタロウ作品で「世界の滅びを止めるために戦う主人公」って時点で
もう斬新なんだけど。ゼロさん女神すぎワロタ。

遊べないほどではないにせよお世辞にも良ゲーとは言い難いので、
ニーアと違って積極的に薦めたりはしませんが(夜道で刺されると怖いので)、
僕としては新たなDoDには非常に満足しております。
10年前と同じことやったんじゃ芸がないし、今のヨコオタロウが作る新たなDoD、という
ひとつの可能性は本作で提示できているのではないでしょうか。
もう一度あの時の、ヨコオタロウの閉じこもったロッカーに蹴り入れる一体感が戻ってきただけで、
僕はもうそれだけで満足です。あと音楽は例によって最高でした。



年明け早々、暑苦しい記事で申し訳ありませんが、僕は思いの丈をとりあえずぶつけられて
暖かい正月を過ごすことができそうです。Eエンド来るなら3000円まで出すんですけどね。
ネタバレしたくないからストーリーにはあんまり触れられないんだけど、
とりあえずトゥが好きすぎて辛い。もっとマトモな出番を用意してあげてほしかった……。
いやDoD的にはむしろおいしい立ち位置なのか……。

20131011

PS3が帰ってきました。

僕です。


そして僕のPS3です。


というわけで修理に出したPS3が無事我が家に帰って参りました。
写真だけみても糞ほどの違いもわからないとは思いますが、
ディスクを読み取るピックアップレンズを交換していただき、
新品同様何の問題もなく遊べるようになりました。よかったよかった。
かかった費用はだいたい一万円。サポートセンターに連絡後、
配送会社の方(ヤマトでした)に来ていただきプレイステーションクリニックに出立、
その後なんとわずか2日で帰還。もっとかかると思ってたので。
通気口に軽く引くほど溜まってたホコリもきれいに取り除いていただき、
オマケなのかなんなのかPS+15日間無料お試しシリアルコードまでついてきました。

サポートのお姉さんに言われるままセーフモードからファイル修繕を行った結果
システムファイルが破損してHDDをフォーマットする以外何も出来なくなるという
お茶目なハプニングはありましたが、主なセーブデータはクラウドにバックアップが
あったので実害はあまりなし。入っててよかったPS+。
いやよくねぇよ! 消えるかもしれないなら先にそう言ってくれよ!


そんなこんなで帰ってきたPS3でさっそく無双OROCHI2uを半日遊んでた次第。
いやぁ……あれだけ苦労してほぼ全キャラ分馴染み最大値まで育てた希少武器が
まさか☆ひとつの武器以下の産業廃棄物になるとは……。コーエーは鬼やでぇ。

20131001

さよならを教えて

えっと、はい。こんにちは。僕です。


PS3がお亡くなりになりました。

なんたる仕打ち! 久々に遊んでやろうかと思っていたらコレですよ!
俺が何をしたというんですか。ちょっと半年ほどほったらかしただけじゃない。

完全に死んだというわけではなくて、ちょっと置いといて
機嫌が直ったらまた動いてくれたりするんだけれど、
ピックアップレンズがグレたのかなんなのか突然ロードしてくれなくなったり、
そうなるともう何のディスクをいれても無反応に。
これがいわゆるソニータイマーというやつですかね。

思えばいろいろなことがありました。このPS3と過ごした全ての日々は
僕にとってかけがえのない思い出であり、
どんな些細なことも忘れることはできません。
あれはそう……3年……いや……4年前かな……? え? やっぱ3年前?
の誕生日?に自分へのプレゼントに買っ……あ、違う、
プレゼントでもらったんだっけ。ああ、はい。そうそう。
買って半年でコントローラーが突然死してこの世の無情を教わり、
その半年後に二代目コントローラーがまた死んでこの世の無情を教わり、
オンラインでは情報流出、糞みたいなPS+、罠アップデートで起動不可etc、
ほんとうにいろんなことがあった3年でした……。ろくなことがない。

とりあえずどうせPS4には互換ついてないし、修理に出すか
いっそ新型に買い替えるか……はわかりませんが、
またぼちぼち更新でもしようかと思い立った矢先の急展開、
誠に申し訳なく思っております。あんまり思ってないかも。


無双OROCHI2 Ultimate、とりあえずストーリーは一通り遊んだけど、
まぁいつものコーエーって感じで、ストーリーに期待してる人は
そんなに見るべきところないかも。玉藻さん小物すぎだし。
なんでもっとこう……ああ、まあいいや。また今度な。